ジャイアンのラブソング?

なんて言ったら怒られますかね(笑)でもちょっとだけそんなイメージ。

STUFFのレパートリーでは数少ない歌入りの曲の一つ、love of mine。ヴォーカルはベースのゴードン・エドワーズです。ゴードンの歌はお世辞にも上手いとはいえないのですが、何ともいえない味があります。セカンドアルバムのMORE STUFFに収録されていますが、ライブのエンディングを飾る曲としてファンに親しまれていたとか。ゴードンが本当にジャイアンみたいな性格なのかは知りませんがメンバーのなかでは親分肌だったようですね。STUFFというバンド名はゴードンがメンバーを呼ぶ際の「おい、スタッフ!」というコトバが由来の一つだとも言われています(スペル違うのでこの説は怪しいかも?)。また、STUFF以降は引く手数多だったメンバーも結成当時はゴードンが取ってきてくれる仕事をこなしていた時期があり彼には頭が上がらない、ということもあったようです。うーん、やっぱりちょっとジャイアンっぽい?動画の音声はLIVE STUFFからと思われます。スタジオ盤よりボエ〜感強め、イイね!

画像の左端がゴードン・エドワーズです。

 

youtu.be

 

ライヴ・スタッフ<FUSION 1000>

ライヴ・スタッフ