感想・唄物語「緑の匂い」(六角精児と下田逸郎) 追記あり

前にちょっとだけ書いた六角精児と下田逸郎のCDの、詳しい感想です。通して聴く時間がなかなかなくて、通勤の車中で細切れに聴いてたりしてたのですが、先日久しぶりにじっくり聴いて、改めて、色々感じたことを忘れないように書いておきたいと思います。

最初にこのCDのことを知った時は、単純に、六角精児が下田逸郎のうたをカバーするのか〜と思っていました。その後「唄物語」ということがわかり、昔FMでやってた「クロスオーバーイレブン」の様にいくつかの曲の合間に掌編の「随筆風の物語」を挟んでいくスタイルなのかな?と思ったけど、ちょっと違っていました。一曲ごとにストーリーが進む、作りこまれた物語。

まずは、シュシュポポガタゴトリズムに乗って「劇的列車」の出発です。

youtu.be

イントロが始まった時は「呑み鉄本線」で美味そうに缶ビールを飲む六角精児の顔が頭に浮かびましたが、それは一瞬だけ。何せ「夢から欲望へ潜り」…「あなた気狂い 私も同じ 思う間もなく鉄橋へ」…「あしたをものともせず まっすぐ突っこんでく」のですから。どんどん日常から遠ざかり夢現の世界へ突入する感じです。

(朗読の部分については、まだ聴いていない方もいると思うので、ストーリーには触れません)

 クスの木

普通の病気

チンチロリン

先日テレビを見ていたら人気お笑いコンビが司会を務める番組に六角精児が出演していました。芸能人のプライベートを覗いてみようとかいうコーナーで、六角精児は自分の部屋で自慢のギターコレクションを披露した後、置いてあった段ボール箱の蓋を開けて見せ、せっかく作ったCDの在庫がなかなか捌けないと嘆いていました。ナレーションが〝変な曲ばっかり〜〟と、いわゆるdisってる感じで紹介していたのですが「バラエティ番組という性格上面白おかしくしたほうが視聴者の興味をひくだろう」という番組側の優しさなのでしょう…ね?(多分)。いつもは毒舌な司会者から「収録終わりに出口でサインつけて売ったらええやん」と優しく声をかけられていた六角精児。その後CDは順調に売れているのでしょうか…

下田逸郎の曲といえば詞の意味がいつも深くて、つい裏の意味を考えてしまうことが多いのですが、たまに、ほんとにたま〜にだけど「え?今なんとおっしゃいました?」と誰も居るワケないのに思わずスピーカーの方を振り向いてしまうような、ある意味ハッとする曲に出会うことがあります。ユーモアの一つかもしれないのですがついつい深読みしてしまい、どう受けとればいいか困惑するというか、ケムに巻かれる感じがするのです。それが意図なのかもしれないけど。「普通の病気」「チンチロリン」もそんな感じの曲なのですが、六角精児が歌うと彼のテレビのイメージそのまま、ちょっと〝すっとぼけた〟感じが詞ととても合っていて思わずフフッと笑ってしまいました。チロリ〜ン♫て…ねぇ(笑)

夜の火

あの時はどうも

漂々

君が好き

少しづつ物語は深くなっていくのですが…。最初にこのCDを聞いた時に一番印象に残ったのが「君が好き」という曲でした。きみがすき、きみがすき、と繰り返すところがありまして、六角精児のあの朴訥とした口調でいわれると、なんか、ちょっと、ジーーンときてしまうのですよ。「漂々(ひょうひょう)」も下田逸郎の歌唱とはまた違う良さがありました。すてきなシンキロウ追いつづけろ…というフレーズは聴く度に胸が熱くなります。

(追記   漂う、の漂々です。飄々ではなく。下田バージョンの漂々はアルバム「ひとひら」に収録。ダウンロードmajix)

 

快楽のススメ

物語の自由

1999年のラブソング

緑の匂い

この辺になってくるとうたを聴いているというより、何か超越的な存在から啓示を受けているような気さえしてきます。「物語の自由」は「チンチロリン」の〝答え〟なのでしょうか?前に、何だったか忘れたけどテレビの中の人が「自分なんて無いの!自分探しなんてムダムダ!」と言っているのを見ました。その人のいうこともわからなくはないけど、それって一度は探してみないと辿り着けない結論かもなと思いました。でも先に誰かが教えてくれればジタバタしなくて済むのに…まだユラユラしています。

youtu.be

エンディングテーマ、六角精児のひと声「打ち上がった感じで」演奏される「ひとひら」。OAアンサンブルのチームワークの良さが出ています。

youtu.be

OAアンサンブル

key.大江汽笛 vl.柴田奈穂 sax.園田光博 gt.馬場光喜 ba.東ともみ ds.まんぞう

コーラス  大江朱音 青木香奈子 小池妙子 林由香理

「緑の匂い」CDは、ひとひらconnection(下田通信所)にて通信販

http://www.t-chest.jp/shimoda/

 

最近になって下田逸郎ソニー時代のベスト盤と「さりげない夜」「夜の踊り」の配信が始まったようですね。聴いたことがない歌もあるので興味が湧きます。でも、自分が疎いからだと思うんですが、配信なんて“フワフワしたもの”ど〜もイマイチ、ピンとこないんですよねぇ…「消えないの?消えたらどうするワケ?」若者に訊いて、物凄くバカにされまして、その後色々教えて貰いました。でもねぇ…

おばさんはブツが欲しいのよ、やっぱ目の前にブツがなきゃ(←ちょっと悪ぶって言ってみました)

チロリ〜ン♪( ´θ`)ノ