今年…

朝は晴れていたけど次第に空が暗くなって荒れた天気になりました

 

気の早いラジオ番組がもう今年一年を振り返るみたいなテーマで話をしていて

さすがにちょっと早すぎでしょ〜?と思っていたらやっぱり

投稿もなかなかこないような

あんまり盛り上がらない番組になっていました

 

SPEEDのホワイトラブという歌がかかっていました

(彼女らもSPEED辞めてからのキャリアの方がずっと長いのにねー)

島袋寛子ちゃんは未だに

「あの時(デビュー時)小学生だったよねー」って

今日のラジオでも言われてたな…

ずっと言われるよなきっと

どうでもいいことを考えつつ仕事の手を動かしていました

時々外ですごい風の音がしていました

 

 

毎朝 出勤すると事務所のドアを開けたところにあるタイムカードを押して

それから自分の持ち場(作業する場所)に移動します

ラジオのスイッチを入れて

基本的に独り の仕事です

時々 ボスが顔を出すこともあるけど

下手すると  一週間職場で誰にも会わないこともある…

ユルイよなぁ…こんなんでいいんだろうか

と思うけど

黙々とやってます  

昔は人と対面する仕事が自分には合っていると思っていましたが

やってみるとそうでもなくて

今は

一人でチマチマやる方が合っていると思います

機械のように繰り返す作業ですが細かいコツとか要領がわかってくるといかに時短で仕上げていくかとか

自分の中でて手順を工夫して綺麗に仕上がると嬉しい

自己満足だけど

 

 

そういえば 今日は 毎年恒例の『今年の漢字』が発表になってましたね   ……北  だっけか?  

ちょっとピンとこなかったです   後でニュースもっかい見てみよう

 

 

『 今年』よく聴いたダニエル・クオン 


Daniel Kwon -A Tiger's Meal

 

自分が知ったのが今年っていうことで全然新譜ではないんですが…

 

 

映画の挿入歌として使われていたagainst the grainという曲をきっかけに名前を知りました

(三宅唱監督のプレイバックという映画)

その映画自体、初めて見た後にすぐもう一回見たくなる、何度も見たくなるようなところがあるんだけど

ダニエル・クオンの曲も、うまくいえないけどちょっとそういうところがあるんですね…

 

 

映画の好きなシーンがあって そのシーンの直前までかかってるのが against the grainで

気になりすぎてCDを買ってしまったという…

 

 好きなシーン

主人公(村上淳さん)が友人の運転する車の中で寝てしまって 目覚めるとなんか奇妙なことになってて   それに気づいた時の村上さんの“静かにうろたえてる表情”がとってもいいんですよね

そしてその奇妙な出来事が一体なんなのかということの明確な説明が 映画の中では最後までされてなくて

でも全部見終わった後 ちょっとだけホッとして

それでも  あれはなんだったのかと引っかかるシーンがいくつもあって

もう一回見たくなる

そんな映画

三宅唱監督はこれを撮影した時 まだ二十代で

なんかすごい人が出て来たぞ!と思いました

次回作は佐藤泰志原作の 君の鳥はうたえる

だそうで

これはぜひぜひ映画館に足を運ぼう!と思っています

映像の前半、車の中でかかっているのがダニエル・クオンのagainst the grain


「Playback」抜粋映像:トンネル

三宅唱監督作品は「やくたたず」もすごく良かった!

でも、プレイバック も やくたたず も 

今はあえてソフト化してないということのようで

 

いつか たくさんの人が見られるようになればいいなぁ…