冬休みダラダラ日記

お題「年末年始に見たもの・読んだもの」

長すぎる年末年始休暇が終わりました

(以下年末に書いて下書きのまま忘れていたものに加筆)

 ナントカ暇なしじゃないけれど

日頃仕事と家事に追われている?ので

今日も明日も明後日も

その次の日も仕事に行かなくていいってサイコー!

そうは言っても離れて暮らしている子供が受験を控えていて

合格してもしなくても出費が増えるので

遊びの為の外出は控え お金のかからない読書や映画(テレビ)で休みを過ごします

 

(033)月 (百年文庫)

(033)月 (百年文庫)

 

百年文庫編集長イチオシの巻だそうで、うん、イチオシなだけあって期待に違わぬ内容でした。中でもアンドレプラトーノフの「帰還」が良かった。四年ぶりに戦地から帰ってきた男が家族との間に生じた心の溝を埋められず苦悩するという話。途中までは(あーあ男ってやっぱりバカ)とか思ったのですがラストの畳み掛けるような描写にグッときてしまいました。走り出す◯◯と追いかける△△。鉄板のクライマックス  でも泣ける。プラトーノフは鉄道員や従軍記者をしながら作品を発表していた人で、この「帰還」のストーリーがロシア軍を冒涜しているとか 難癖以外の何物でもないんだけど 目をつけられてその後は不遇の人生を送ったのだそうです。百年文庫でロシア近代作家の短編をいくつか読みましたが日本人と感性が似ている気がします。面白い。

  

 近くの病院で健康診断を予約していた日
急用ができてキャンセルせざるを得なくなりました
しまった  年内にしておかなければならないのだけど…困りました
探してみると 大都会に 予約なしで個人で受診出来る専門機関がありました
しかも受付は朝9時から夕方4時までOK  良かった、間に合う
片道二時間、自分で運転しなきゃだけど しょうがないね

早起きして
山奥から大都会の端っこの駅まで車を飛ばして
駐車場に車を停めて電車に乗って中心部まで行きました(渋滞に巻き込まれたくないので)
病院は駅直結のビルの中
着いてみると けっこう混んでいたけれど ほとんど待たされることなく一時間ほどで終了しました
費用も自治体の集団健診とそう変わらない金額
結果は十日くらいで分かりますが 郵送してもらうことにしました
日頃「速いこと」「便利なこと」には懐疑的なほうなのですが 今日ばかりは 助かった!と思いました


病院を出て(とりあえずタバコとコーヒーだな)と、◯◯◯に入りました

健康診断が終わったら早速身体に悪いことをします

丸一年ほど禁煙していたけど 半年前から再開してしまいました

家族に吸う人がいるとダメですね

職場にいる時は一人でも吸わないのでお休みの間は本数が増えます(いかんね)


屋上に近いフロアの窓からは駅北口の眺望
私がかつて勤めていた会社はすぐそこでしたが
ビルごと取り壊されて今は別の建物が建っています
あそこにあったんだよな〜と何度も確認するように見てしまいました
昔、そのビルの上の方の階で残業をしていたとき
ふと窓のほうをみると雪が降っていました
荒れた天気だったのか ビルの壁に当たった風が吹き上がり 雪が下から上に向かって降っていました
あ、下から上じゃ降ってるって言わないか…
水槽のエアレーションの泡みたいにワーッと雪が舞い上がっていてなかなかに幻想的でした

たった一度見たきりでしたが鮮明に覚えています

もう見ることのない景色

 

◯◯◯で一服した後

大きな本屋さんに行ってお正月に読む本を買いました

500ページ強の長編です

書店で手にとって本を選ぶのは随分久しぶりのことでした  読むぞ〜

 

と  張り切っていましたが一月十日現在まだ三分の一くらいしか読んでいません

GYAOでクローザー(アメリカのドラマ)シーズン2の一挙配信

それが期間限定と知り 大急ぎで全15話みていたのです

昔見たはずなんですがほとんど忘れていたので

初めてのように楽しめました  ブレンダかっこいい〜

でも彼女が上司や同僚だったらきっとこっちが振り回されてイヤだろうなぁ

ただあんな風に振る舞えるのはある意味羨ましいですね