二風谷へ(日高路の旅1)

これね↓帰って来てから読んだのよ。読んでから行けばよかった…そして読んだらもう一回二風谷へ行きたくなりました。

f:id:listentomybluebird:20181119205208j:image

二風谷…にぶたに、と読みます。

ぽっかりと二日間空いたので、車で旅してきました。目的は日高地方の平取(びらとり)町 、二風谷にある二風谷アイヌ文化博物館をみること。早朝に家を出て、途中朝食とったり休憩したりしながら、五時間くらいかかったかなー。なんとか着きまして、まずは博物館の前にあるチセ群を見ました。

 

f:id:listentomybluebird:20181119223624j:image

f:id:listentomybluebird:20181120162217j:image

 

f:id:listentomybluebird:20181119224015j:image

f:id:listentomybluebird:20181120162253j:image

他にも食料貯蔵庫とか船とかトイレ(展示用なのでもちろん使用禁止)とか、いろいろありましたよ。

 

博物館の中の様子は、こちらをご覧いただければ。

www.town.biratori.hokkaido.jp

 とても立派な施設で見応えがありました。

火おこしの道具を入れる肩掛け袋が、なんだっけ、サコッシュサコッシュみたいでかわいいなーと思いました。植物の茎を編んで作った物で、長方形の中央にアクセントのように赤く着色した柄が付いている。ちょっとね、オルテガとかね、そういうのに近いセンスの柄でしたよ。

一枚一枚透明なケースに広げた形で収納されている衣装を間近で見ることができます。独特の文様は美しく迫力がありました。木綿の衣装の背中の部分が「切り伏せ」という(布を細く切って上から重ね縫いする)パッチワークに近い手法だと思うんだけど、細かい部分のアクセントに、鰹縞や子供の着物みたいな布地が使われていました(木綿の布は交易で手に入れていたそうです)。綿の衣類はわりと新しい時代のものでしょうね。もっと古い時代の、樹皮で織った羽織などもありました。

「制裁棒」とか「耳長お化け」とか小さいけど特徴的な形の民具が印象に残りました。後日「ゴールデンカムイ」読んでたらそれらが出て来たので「おお!これ二風谷で見たやつだー!そうやって使うのかー!」と テンションが上がりました。

その後、歩いて10分ほどのところにある 萱野茂 二風谷アイヌ資料館へ。見たばかりの町立アイヌ文化博物館と比べると建物は質素で、展示物も多少被ってはいます。しかし〝近年まで実際使っていた感じ〟が強く残っているような物もあって…アイヌ文化は終わった過去のものではなく、現代の生活様式のなかで、受け継がれているんだろうな、でもそこはプライバシーという側面もあり外から見えにくいだけなんだろうな、ということが想起されました(個人的な感想)。展示物一つ一つに手書きの説明ポップが添えられていて、それがとても分かりやすかったです。 

 

「北海道はゴールデンカムイを応援しています。」スタンプラリー開催中! | 北海道博物館

あとね、これは…道(北海道)でやっているのかしらね、ゴールデンカムイゆかりの地を巡る(スマホを使う)スタンプラリーがあって、アイヌ文化博物館もチェックインポイントのひとつだそうです。私そういうの疎いのですが、これがお目当の人も結構いたみたい。意外と若い子が来てるなーと思ったらそういうわけなのね。みんな熱心に展示を見てましたよ。

でもこのスタンプラリー、かなりの広範囲ですね。(北海道は振興局という役所が管轄する14のエリアに分かれています。一つのエリアが本州の県一個分くらいあるので例えば石狩振興局管内の札幌からオホーツク管内の網走まで行くとなると一部高速を使っても300キロ以上あるのです。)全部制覇するのはかなり気合いがいるでしょうね。

二風谷も車でないと来るのは難しいところだけど、ファンにとっては、苦労してたどり着く事が、達成感の一つなんでしょうね。マンガ、アニメの力はすごいね。

 

まだの方、読んでみなされ〜

 

 

 

お す わ り


f:id:listentomybluebird:20181118161637j:image

最初は遠くてよくわからなかったんです。ん?あんなところにオブジェ?子供の遊具?と思ったら動いたのでびっくり。こんな、猫みたいなおすわりの仕方、馬もするんだね…初めて見ました。しばらくすると立ち上がってふつうに歩いたり草食べたりしてましたよ。小旅行の一コマでした。

 

 

今日聴いたうた。〝Johnny come lately 〟これで新入り、新参者って意味らしい。対訳がないんだけど、medals、G.l loan、Vietnamなんて単語が出てくるので帰還兵の歌でしょうね。SteveEarle、ライブ(録画)を見たんだけどすごく良かったです。


Steve Earle - Johnny Come Lately

 

Copperhead Road-ltd.delux

Copperhead Road-ltd.delux

 

 

健さんと、

ここ何年か、毎年11月になると「ああ、もうすぐ健さんの命日だなあ」と思う。健さん高倉健。別にファンでもなんでもないんだけど、なぜか毎年忘れない。

高倉健といえば、七十年代にコドモ時代を送った私の世代にとっては「幸福の黄色いハンカチ」「遥かなる山の呼び声」など山田洋次監督映画のイメージが強い。この二作品は親に連れられて見に行った。数年前、大晦日にNHKBSプレミアムで夜通し高倉健主演の映画が放送されて、何十年かぶりにこの二つの映画を見たのだけど、ストーリー以上に感慨深かったのは、画面にうつる町の佇まいだった。夕張も中標津も大して知らないけれど、画面に映っていた景色は、北海道ならばどこも似たようなものだった。懐かしかった。(ちなみにもうすぐNHKBSプレミアムで「遥かなる山の呼び声」のリメイク版がドラマとして放送されるそうです。高倉健が演じた役を阿部寛倍賞千恵子が演じた役を常盤貴子が演じます。この映画が好きな私は、ハナ肇が演じた役(当時の役名は虻田)はあるのか、あるとしたら誰がやるのか大変気になります。なんだかんだ言っても、この映画のキモはラストシーンの虻田にかかっているので外せないと思うのです)

 

健さんが亡くなった直後だったと思う。これまたNHKテレビだったのだけど「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組があった。追悼として再放送されたものだ。生前「あなたへ」という映画の撮影に参加していた健さんへの密着取材だった。

その番組のあるシーン。健さんはコーヒーが大好きで、映画の撮影時には、オーディオセットとコーヒーを淹れる器具を控え室に持ち込み好きな音楽に耳を傾けながら自分で淹れたコーヒーを飲む、その時間をとても大切にしていたのだそうだ。まもなく撮影も終了という頃、なぜか上機嫌の健さんNHKのスタッフに「君たちも飲めよ」とコーヒーを振る舞った。そして椅子に座り、自分もコーヒーを飲み始めた。その時部屋で流れていた曲は、ニーナ・シモンが歌うMr.ボージャングルだった。

びっくりした。

健さんニーナ・シモン

健さんとMr.ボージャングル…

意外すぎてと言ったら失礼だが、本当に驚いた。Mr.ボージャングルといえば、サミーデイヴィスJr.、ニッティグリッティダートバンドのヴァージョンが有名だけどニーナ・シモンて…健さん渋すぎる、そしてなんとも趣味が良い、良すぎじゃないか。これだけで健さんのイメージがガラリと変わった。もちろん良い方にね。


Nina Simone- Mr Bojangles + Lyrics

 

そういえば、かつての奥様は美人シンガーとして名を馳せた方だった。幸せだった頃に二人で聴いた思い出の曲だったのかな……(妄想です)

 

listentomybluebird.hatenablog.com

 

そんぐ ふぉあ ゆう

 

今日10月26日は、ドラマ3年B組金八先生(第1シリーズ)の放送が始まった日(79年)なんだそうです。そんな昔のことよく覚えて……ナイナイ、夕方のテレビでその話題をやってて「へーっ!」って思ったの。

私がよく見てたのは第2シーズンまで、でしたね。第2シーズンといえば「腐ったミカンの方程式」が有名ですけど、他にも覚えてるエピソード、ありますよ。

「人助けカンパ事件」というエピソードありましてね。第2シーズン第4話です。

ざっくりストーリー

体育の授業で誰もいなくなった3Bの教室。たまたま通りかかった金八先生は、カバンや机の中を物色している一年生男子を見つけます。生徒は野球部の子で、二年生の先輩からカンパを強要された、と泣いて告白します。金八先生が調べてみますと、どうやら3Bの男子が関わっているということがわかってきました。その後は金八先生の奔走により真相が解明され、やらかした3B男子は父親にバレて鉄拳制裁、被害生徒と親に謝罪&返金、野球部内で起きたことなので、やらかした二年生と3B男子は罰として球拾いをするという事で、万事解決となりました。(鉄拳制裁は虐待、公にしないで当事者だけで解決するのは隠蔽じゃないかとか…今の価値観で見てしまうと、つっこみどころがいろいろあるんですけどね)「子供は脱線するものだから、その都度、親と教師が正しい道に戻してやれば良いよね」という、至極真っ当なメッセージが込められた回でした。(記憶違いがあったらごめん)

この次の回に、加藤優が転校してきて、最終回近くには例の荒谷二中での放送室占拠事件が起きます。当時は校内暴力が社会問題化していた時期でもありました。子供が親や教師の手に負えなくなって、ついに学校に警察が介入するということが、割と否定的なニュアンスで表現されていました。(今だったら、学校で起きたことでも悪いことは悪い、積極的に警察が介入するべきだ、という意見の方が多いですよね。どんどん凶悪化、陰湿化してるからね)

 

「人助けカンパ事件」は、まだ子供が親と教師の手に負えた頃の話、なんですね。腐ったミカンと対比して見ると面白いかも。卒業生…第1シーズンに出ていた子が出てきたり、鉄拳制裁のお父さんが結構良いこと言ってたり、なかなか、面白い回でしたよ。

 

 

金八の第1シーズン終了後…だからたぶん80年だと思うのですが、海援隊の武道館コンサートの模様がラジオで中継されました。カセットに録って後で聴いて、この曲、良い歌だなあ、と思いました。二人の存在感が、いいね。

 


『そんぐ・ふぉあ・ゆう』:海援隊

 

 

 

 

コールドマウンテンは、スモーキーでスリードッグナイト。

カタカナで揃えようとしたけど、ちょっと無理やりでしたね。

 

夏の思い出写真。1、なんでそうなった

f:id:listentomybluebird:20181022123729j:image

2、ご近所に来てた蜂箱。受粉用だそうです。

f:id:listentomybluebird:20181022181447j:image

3、一人ドライブにて。撮る人が下手だから伝わりにくいと思うけど、やけに存在感のある廃屋でした。でもあらためてみると周囲の草を刈ってあるので使っているのかな?でも屋根は抜けてますよね…

f:id:listentomybluebird:20181022181604j:image

 

野焼きの煙が畑のあちこちで上がっていました。スモーキー。嫌いじゃない匂いです。でも健康と環境には良くないそうで。数日間のことだし、私は全然気になりません。野焼きは原則禁止ですが、農家さんは届出により認められているそうです。

そして、野焼きが終わると秋も終盤、霜が降りるシーズンです。

ここ何日かは一層冷えました。出勤しようとしたらクルマのフロントガラスがガチガチに凍っていて、慌ててエンジンをかけてデフ全開にします。五分もあれば溶けますが、出かける時間ギリギリに外に出て窓の凍れに気づくと「わっ遅刻する!」と焦ります(←北海道この時期あるある)スノーブラシも半年ぶりに出しました。

↓ブラシと反対側の方が霜取りです。

キャプテンスタッグ 除雪 雪かき スノーブラシ STDM-9264

キャプテンスタッグ 除雪 雪かき スノーブラシ STDM-9264

 

 

真冬になってしまえば、毎日雪が降ったり凍れたりするので、少し早めにエンジンをかけて車をあたためておくのが朝の日課になります。前の車はエンジンスターターをつけていたのですが、最近クルマ買い替えまして、今の車には付け替えできませんでした。またつけようか迷っているところです。知ってました?最新のエンジンスターターって1キロ以上離れててもオッケーなんですってよ。1キロって…すごいけどそんなに…いや、ま、いっか。

 

スリードッグナイトthree dog nightは、英語の慣用句で、犬が三匹くっつかないと眠れないほど寒い夜、という意味だそうです。もうこれから毎晩スリードッグナイトだなあ。

犬ってあったかいけど重いんですよね。ちょっと思い出しました。懐かしいぞ。

 

今日聴いた曲

youtu.be

あれもそう?

たった今思い出したんですけどね。

田中一郎、という、昔、ARB甲斐バンドでギター弾いてた人がソロアルバムを出してですね…

あっ これですね↓ 

Hobo

Hobo

 

これが出た頃、近場でライブがあるというので、チケット買って行ったんですよ。ススキノのすぐそばのライブハウスでした。下に(上だったかな)ディスコが入ってるビル。当日時間ギリギリだったんですけど行ってですね、エレベーター降りたら、もうすぐライブ始まるという時間の割には、なんかね、静かなんですよ。しーんとしてる。中に入ったら受付…細長いテーブルの前にバイトみたいな男の人が二人立ってて、そのうちの一人が申し訳なさそうに「本日のライブは中止になりました」っていうんです。

一瞬(えっ?)って頭がフリーズしちゃって(あ、はいソウデスカ…)って黙ってチケット出してお金返してもらって帰ってきたの。気が動転して理由聞くの忘れたし(訊けばちゃんと説明してくれただろうにね)

でも不思議と怒りはなく、中止です、そう言われたらどうしようもないもんな、って感じでした。

 

最近、連日話題のジュ◯ーのコンサート中止のニュースみてて、そういえばそんなことがあったな、と思い出したわけ。

 

あれも、チケット…だったんかな。ジュ◯ーとは事情が違うと思うけど、うん、まぁ、そうだろうな(違ったらメンゴ)ネットとかない時代の話ですからね。ああいった感じの実力派の人はテレビにもほとんど出ないし、音楽雑誌かラジオの音楽番組くらいしか情報源がなく、首都圏以外での集客は難しかっただろうな、と思ったりして。

ジュ◯ーのニュースがなかったら一生思い出さなかったかもしれません。思い出したら聴きたくなってきた…。このHOBOってアルバムのね、somedayって歌がね、めちゃかっこいいんですよ。まっすぐ骨太。あと、この人の声も好きなの。

 

昔そんなことがあったんで、何か取り戻す感じで、、いつか観に行ってみるのもいいかも、と思った次第です。

 

今 。こんなこともなさっている。

youtu.be

HOBOの頃 。服装とか髪型とか、時代を感じますね。


ミッドナイト シャッフル(Midnight Shuffle)

 

 

 

 

そんなに悪くない世界

溜まりに溜まったHDD消化。三本が限界でした。グッタリ。 

 

ゼロの未来 スペシャル・プライス [DVD]

ゼロの未来 スペシャル・プライス [DVD]

 

 

そこのみにて光輝く 通常版DVD

そこのみにて光輝く 通常版DVD

 

この中では、邦画が良かったですよ。むちゃくちゃ暗かったけど。ある種の感情を捨てれば、変えられないこと重すぎる現実をやり過ごせるのか、そんな生き方あるのか、と思ったら、ちゃんと救いのある話でした。ホッとした。安心して眠れます。おやすみなさい。

 

 


JAMES TAYLOR,PAULSIMONS & ART GARFUNKEL _WHAT A WONDERFUL WORLD

ウォーターマーク(期間生産限定盤)

ウォーターマーク(期間生産限定盤)