FreeBird

お題「今日の花」

 

雨上がり。まだ遠くで雷の音がしています。

マリーゴールド

f:id:listentomybluebird:20190622075008j:image

一般的なマリーゴールドって、黄色とか鮮やかなオレンジですよね。手がかからず丈夫で長く咲き安価なのでパブリックな花壇にもよく利用される花です。

このマリーは、咲き始めが濃い赤で、花が開くに連れて色が薄くなっていくんですね。少し褪せたような、ヴィンテージな色あいになっていく。ちょっと面白いなと思って直売所で購入、鉢植えにしてみました。

 

庭パト。

手前の斑入りがエゴボディウム、奥の紫がリシマキア。エゴボの花は野生的ですね、地味だ。リシマキアは、それぞれの葉っぱの付け根に黄色の小花が付きます。咲くのは夏かな。

f:id:listentomybluebird:20190622072804j:image

 

ヒューケラ (手前)

f:id:listentomybluebird:20190622084959j:image

f:id:listentomybluebird:20190622085107j:image

カオスになってきた…

 

昨日は日暮れにカッコウの声。今朝もたくさんの野鳥の声。この間まではしていなかった、たぶん巣立ったばかりの、幼いような鳴き声も聞こえます。季節はすすんでいるんだなあ。蛇やカラスにやられないようにね。

 

鳥(bird)に纏わる歌、はたくさんありますね。

昔、新聞で読んだ。北朝鮮拉致被害者、家族会の蓮池透さんがこの曲をきいて弟さんの境遇を思いやったと。昔兄弟で聴いてたのかな。

Lynyrd Skynyrd FreeBird

youtu.be

 

 

 

 

 

バリバリではなかったけれど

中高年の道民には懐かしいCM…

youtu.be

 

夕張(ゆうばり)のアクセントは平坦ではくて。

お題「どうしても言いたい!」

昔の偉いお坊さんに空海(くうかい)という人がいましたが、それと同じアクセントです。ゆうばり。

 

f:id:listentomybluebird:20190621231641j:image

夕張市 旧鹿ノ谷駅舎

はじめての夕張は思った以上に何もなくて静かな驚きを覚えましたが、なんとも風情のある場所でした。

ここ数年一人ドライブの楽しさに目覚め、時には泊りがけで出掛けます。

万字線朝日駅岩見沢市 栗沢地区)

f:id:listentomybluebird:20190621235142j:image

猫もいたよ

f:id:listentomybluebird:20190621235210j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の疲れに

お題「愛用しているもの」

 

めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料 12枚入

めぐりズム蒸気でホットアイマスク 無香料 12枚入

 

 

子供が置いていった荷物の中から発見。試しに使ってみるとこれがとっても良いのです。

四十度で約10分間、目の周りを温めてほぐしてくれます。時間が2倍のタイプ、香り付き、男性用もあり。

 

 大きさの違い。

めぐりズム蒸気でホットアイマスク FOR MEN 5枚入

めぐりズム蒸気でホットアイマスク FOR MEN 5枚入

 

 

自分で蒸しタオルを作るのも手軽でいいですね。やってみたら簡単でした。ただ、めぐリズムのように10分、20分は持たなくて、せいぜい3分くらいですね。それでも、何もしないよりはずっといいです。いくつか作って取り替えながら使うといいかもですね。自分で蒸しタオルを作る(用意する)時は火傷しないように注意しましょうね。

 

matome.naver.jp

 

 

今日みた動画

うひゃー!カッケーな! いつもながらだけど。見てるオバマさんの表情も良いね。

youtu.be

 

えっと…動くJJケール初めて見た(笑)仙人かと思ってたよ。

youtu.be

コロンバ

 

青 (百年文庫)

青 (百年文庫)

 

 

十五歳の夏休み、都会から海辺の村にやって来た「私」の前に、幼馴染みだった少女が一人前の娘になって現れた。思春期の淡い恋を描く、堀辰雄の『麦藁帽子』。いつまでも仲良しでいようと誓い合った二人の少女。だが、久しぶりの再会が、それぞれの心に微妙なずれを生じさせていく(ウンセット『少女』)。「ぼくは誰とも結婚なんかしないよ」。失恋し、傷心で帰郷したアントニオだったが、美しくひたむきな田舎娘コロンバに出逢い、思いがけず愛の情熱を知る(デレッダ『コロンバ』)。ほろ苦く甘美に押し寄せる、遠い日の記憶。

 

 

青は「青い果実」って言葉が表すような、未成熟、って意味かな。

成熟への過程は、時には残酷。過ぎた日には戻れないから、失うことでしか気づけないことがあって、その記憶は傷跡のように、薄れることはあっても消えることがない。

 

「麦藁帽子」は初恋のノスタルジー。「子ども」が「少年」と「少女」へ分かれていくことが鮮やかに描かれているな、と思った。

 

「少女」女同士のマウンティングって、こういうとこから始まるのかもしれない…。あ、いや、そんな下品な話ではないのですよ。女の子あるある な話。でも、この二人は、まわりまわって(いろんなことを呑み込んだ上で)いつか、また仲良しになりそうな予感がしました。それは「子猫がじゃれ合うような仲だったあの頃」とは違うかもしれないけどね。

 

「コロンバ」これが一番ドラマチックといえばドラマチックな話だったけど、どうも解せないのが、男がちっとも魅力的じゃないのね。ちっちゃい男なのよ。なぜあいつに惚れたコロンバ…

コロンバは美人で賢く気立てのいい子。そのコロンバが「あなたは私の太陽」とまで言い切るアントニオは、都会で教師をしている男で、女に振られて傷心の里帰りをしていた。そこでコロンバと出会う。コロンバが自分に気があることをわかっていながら、疑ったり、計算したり、秤にかけたりするわけ。コロンバはアントニオの心を全部見抜いてて、あなたがそう思っていても私はあなたが好きなのよ、と言える素直さがある。真夜中に人目を忍んでデートをした二人は結婚の約束をするのだけど、コロンバは、アントニオ自身も気づいていない彼の心の裏側に、一足早く気づいたのですね。そして彼女が出した決断は悲しいほど正しかった。馬鹿なアントニオ。遅いのよ。

 

切なさ 青さ もどかしさ「虹の女神RainbowSong」

お題「最近見た映画」

 

市原隼人くんも上野樹里ちゃんも蒼井優ちゃんも、みんな初々しい。あ、田中圭くんもいる〜。

年齢とともに忘れていた感情を呼び覚まされたような気がします。

忘れていた…か。消えて無くなったわけじゃなかったんだね…

虹の女神 Rainbow Song [DVD]

虹の女神 Rainbow Song [DVD]

 

 

互いに引かれ合いながらも気持ちを伝えられずに、やがて悲劇の結末を迎えてしまう若者の姿を描いた感動作。岩井俊二が自身の作品以外で初のプロデューサーを務め、『天使の卵』の市原隼人と『出口のない海』の上野樹里を主演に、『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人を監督に迎え、リリカルな映像美でエモーショナルな青春ストーリーを紡ぎ上げた。ファンタジックな物語にリアリティを与えた市原と上野の等身大の魅力が印象深い。(シネマトゥデイ

 

 

 

 

あの頃、あの詩を

お題「今日のおやつ」

よもぎ大福

f:id:listentomybluebird:20190617193721j:image

餅がイマイチでした。

 

 

久しぶりに図書館へ行ってみたよ。

あの頃、あの詩を (文春新書)

あの頃、あの詩を (文春新書)

 

 

思ってたのと違う…

国語の教科書に採用された詩のアンソロジー、とのことでむかし自分が国語の授業で習った詩(断片的にしか覚えていない)が載っているかもと淡い期待を寄せて開いてみたのですが、そもそも対象が団塊世代ということで、ほとんどが知らないものでした。

 

良いなと思ったのは、ロングフェローの「矢と歌」

 

矢と歌      H・W・ロングフェロー   安藤一郎 訳

 

私は一本の矢を空に射た、

それは地に落ちたが、どこか分からなかった。

矢はあまりに遠く飛んで行ったので、

その行方を眼で追うことが出来なかったから。

 

私は一つの歌を空にそっと洩らした、

それは地に落ちたが、どこか分からなかった。

歌の行方を追うことが出来るほど、

鋭く強い眼を誰が持っているだろう?

 

ずっと後になってから、樫の木に

私はあの矢を見出した、まだ折れもせずに。

 

また、あの歌は、初めから終わりまで、

一人の友の胸の裡(うら)に再び見出した。

 

 

 

ちょっと思い出した…

中学校を卒業するとき、先生がサイン帳に書いてくれた言葉がありましてね。

その時は、何か教訓めいたことなんだろうなとは思ったけど、全然意味がわからなかったんですよ、私は。

しかし、今ならわかるのです。先生は、私の性分を見抜いていて、ある種の忠告をしてくれたと。その先生、私が卒業してから何年もしないうちに病気で死んじゃった。伝えるタイミングはあの時しかなかったんだよね。

ちょっと時間がかかったけど、ちゃんと届いてます。Y先生、ありがとうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芍薬

お題「今日の花」

芍薬

f:id:listentomybluebird:20190616101419j:image

昨日、花が開ききってたのに気づき、慌てて写真を撮りました。

その後雨にたたかれ、花びらが落ちてしまいました。

 

ジャーマンアイリス

f:id:listentomybluebird:20190616130733j:image

昨日、(明日咲きそうだな)と思っていたら予想どおり咲いていたけれど、倒れてた……倒れても咲いたのね…。

倒れたのは、これも雨のせい。蕾はまだあります。これも咲けるのかしらね…土壌の水捌けが悪い様なので花が終わったら違う場所に植え替えたほうが良さそうです。

 

(もう、雑草取りが全然追いつきません…)

 

これでも去年は頑張った方

f:id:listentomybluebird:20190616121939j:image

 

花に関する歌、何かないかと思ったら、芍薬というタイトルの曲がありました。

良き。

折坂悠太 「芍薬

https://youtu.be/V4hSEiFKL68